面接で風俗店スタッフを逆面接!?

どこかで働こうと思えば面接を受ける必要があります。筆記試験と面接試験が課されている会社では、例え筆記試験の結果がよくとも面接で落とされる可能性が十分に残っているため注意が必要です。

風俗店でも採用に当たって、面接が必要であると求人に書かれているケースがたくさんあります。

男性のズボンを脱がせてあげている女性

風俗の経営者が直接面接する

面接に当たっては、風俗店の経営者が直接面接することが多いでしょう。よほど大きな風俗店でも無い限り、一つか二つくらいのお店しか持っていませんので直接面接する方が手っ取り早いのです。

採用してもらうためにきちんと面接の受け答えをすることは欠かせませんが、経営者の脂質をこちらが確かめるチャンスでもあります。

例え許可が出ているようなお店であったとしても

普通風俗店を営業するに当たっては営業許可が必要です。風俗を営業するのに許可番号があって当たり前ですが、それだけで経営者の脂質が分かるとは限りません。

面接の時に「どうもこの経営者は、あまりよい経営を指定なさそうだ」と思ったならば避けておくに越したことはありません。

経営者の資質に問題があるお店では、法律違反が横行しているおそれがありますし人間関係だって最悪のおそれもあるのです。

仕事で欠かせないことは過ごしやすい人間関係

仕事はきついからやめるのではなく、人間関係が辛くなってやめられる方が多いと言われています。過ごしやすい人間関係を作ることが、経営者に求めらる以上経営者の資質も問題となるのです。

組織は頭から腐ると言うから

風俗のお店も、あくまで組織です。経営者に問題があれば、組織は頭から腐るという言葉にあるように組織の腐敗を簡単に招くのです。

求人では分からないことも、面接で分かりますから注意をしてください。